2007年10月15日

ゲストの具志堅さんは慧眼だった

亀田大毅の出場資格停止、JBCが処分方針

 11日の世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦で、挑戦者の亀田大毅選手(18)(協栄)が反則行為を繰り返した問題で、日本ボクシングコミッション(JBC)は15日、大毅選手に一定期間、試合出場を差し止める「ライセンス停止」処分を科す方針を固めた。

例の件です。

『報道ニッポン』でもゲスト・インタビュアーとして活躍している具志堅さんは、以前から亀田親子に苦言を呈していました。ただ、全面的に悪いというのではなく、素質はあるのだから、間違った指導者に従うのではなく、きちんとしたトレーナーの下で努力をすべきだと言っています。進むべき方向が間違っていれば、どんなに才能があっても、またどんなに頑張っても、ろくな結果にはつながりません。

中小企業経営にも同じことが言えますね。社員がどんなに頑張っても、またどんなに高い技術があっても、社長が正しい道を示さないことには話にならない……。

さすがは元世界ジュニアフライ級チャンピオンの言葉です。具志堅さんと対談された社長さんも、いろいろ考えさせられたことでしょう。
posted by 元記者 at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。