2007年11月03日

基準がわからない

NOVAの講師、直接雇って 厚労省、派遣先の自治体に

厚労省は要請文書で、外国人講師の雇用不安や失業を「強く懸念する」と強調。学校で講師が不足する可能性にも触れつつ、これまで派遣されていた講師と直接雇用契約を結ぶなど、「特段の配慮」を求めている。

気持ちはわからないでもないのですが、「特段の配慮」を求める基準って何なんでしょうかね。大手企業が破綻して事業が立ち行かなくなった時は、銀行の時もそうでしたが、「影響が甚大だから」という理由だけで様々な救済策が取られます。が、中小企業が苦境に立たされても救いの手が差し伸べられるわけではないですからね。

『現代画報』で取材させていただく企業の殆どは中小企業の皆さんです。国のセーフティ・ネットに頼らず、経営者の企業努力で難局を乗り切っている姿勢を見習ってもらいたいものです。
posted by 元記者 at 15:40| Comment(40) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。